ファッション

【冬服のお悩み】毛玉取りブラシでコートのお手入れ!毛玉の原因って!?

浅草アートブラシ コートの毛玉取り

こんにちは!あゆ(@_helloayukitty)です。

いつの間にか「コートが毛玉だらけに…!!」なんて事はありませんか?
お気に入りだとついつい着用する回数も増えてしまうので、毛玉がすぐ出来てしまいますよね…。

そこで、以前から気になっていた浅草アートブラシ社の『毛玉取りブラシ&洋服ブラシ』を使ってみました!

毛玉が簡単に取れた上に、コートなどのあまり洗濯の出来ない冬服でもしっかりお手入れが出来るのでとても役立ちました!

 

毛玉が出来る原因:摩擦・静電気・素材

何故、毛玉が出来るかご存知でしょうか。
毛玉が出来る主な原因は、衣類の摩擦による静電気の発生によるもの。

繊維の毛先同士が絡み合い「毛羽立ち」が出来ます。毛羽立ちが進行して更に周囲の繊維まで広がったり、他の衣類の繊維や空気中の埃を巻き込んだりして「毛玉」になるのです。

毛玉が出来やすいタイミング
  • 歩いている時に腕や鞄が擦れる
  • 立ったり座ったりする時に椅子や肘掛に当たる
  • 靴下で靴を履いて歩いた時
  • 洗濯中に衣類が擦れ合う
  • 他の繊維や埃が付着したままになっている時

コートだけでなく、セーター、靴下、ストッキング、スウェット、フリースなども毛玉が出来ますよね。これらは化学繊維や天然繊維から出来ています。

化学繊維の中でも特に毛玉が出来やすいのが、合成繊維と言われるアクリル、ポリエステル、ナイロン。

天然素材の中でもアンゴラやラム、カシミアは、繊維自体がくるくるとカールしているので、繊維同士が絡まりやすく毛玉が出来やすい性質になっています。

実は多いのが、天然素材と化学繊維の混紡。異なる糸を混紡する事で生地が丈夫になりハリが出たりシワが出来にくになったり乾きやすくなるというメリットもありますが、毛玉が出来やすいというデメリットがあります。

毛玉が出来やすい素材
  • 合成繊維:アクリル・ポリエステル・ナイロン
  • 天然繊維:毛(ウール)・アンゴラ・ラム・カシミア
  • 合成繊維と天然繊維の混紡

 

毛玉取りにオススメのアイテム!浅草アートブラシ 3点セット

浅草アートブラシ 毛玉取りブラシ

浅草の職人がひとつひとつ心を込めて造った、浅草アートブラシ社のブラシ。
クリーニングのプロが業務用で使用していた毛玉取りブラシを家庭用に改良して発売されました。

毛玉がついた衣類をブラッシングするだけで、生地を傷めず簡単に毛玉を取ることができるとテレビの情報番組で紹介されて以来、通販カタログやテレビショッピング、大手小売店などでも販売され、絶大な人気を博しています。

私が購入したのは、洋服ブラシ、かんたん毛玉取りブラシ、ブラシクリーナーの3点セット。単品で買うよりもセットの方がお得でした。

 

毛玉が出来たコートをお手入れしよう!

毛玉取りブラシでコートのお手入れ

この冬に買ったばかりのコート。肌触りも柔らかく、とても気に入っているので、ほぼ毎日通勤で着て行っていました。
そのせいで袖や脇の下など摩擦する部分にたくさんの毛玉が出来てしまい、とても見苦しい状態に…。

毛玉だらけのコート

品質表示を見てみると『毛48%・ポリエステル29%・ナイロン23%』で、化学繊維と天然素材の混紡です。これは毛玉が出来やすいわけだ、、、

毛玉が出来たコートをいつまでも着ているのは格好悪いので、面倒ですがしっかりと除去しなければなりません。

毛玉取りブラシでかんたんゴッソリ毛玉取り!

電動の毛玉取りも便利ですが、生地が薄くなったりしないかとても心配でした。
スポンジやT字カミソリで毛玉を取る方法もありますが、間違って生地を切ってしまったりする可能性もありますからね…。

そんな時に出会ったのが、浅草アートブラシ社の毛玉取りブラシ
毛玉を取りたい衣類を平らなところに置いて、生地を押さえながら平行にブラッシングするだけ。

かる〜くブラシを当てただけですが、こんなにゴッソリと毛玉が取れました!!

毛玉取りブラシ

あまりにも簡単に毛玉が取れるのが気持ち良すぎて、ついついブラッシングし過ぎてしまいますが、やり過ぎると逆にまた毛玉が出来やすくなってしまいそうなので注意。笑

毛玉取りブラシでコートが綺麗に

擦れて毛玉だらけだった袖の部分も、とても綺麗になりました〜!!新品のコートのように毛玉の無い状態です。

 

毛玉を取った後は、洋服ブラシでお手入れ!

毛玉取りブラシで毛玉を取った後は繊維が毛羽立っていて、毛玉が出来やすい状態になっているので、洋服ブラシを使って繊維の流れを整えて、毛玉防止・風合いを長持ちさせましょう。

洋服ブラシで、衣類についた細かい繊維のホコリや汚れも払いのけます。

浅草アートブラシ 洋服ブラシ

繊維の流れに沿って、上から下に〜丁寧にブラッシングします。ゴシゴシこするのではなく、手首にスナップをかけるように。

浅草アートブラシの洋服ブラシは、100%天然獣毛の馬毛なので柔らかく、静電気も起きにくいし、しっかりと汚れが落とせますよ!

毛玉を出来にくくするには、『静電気を起こさせない・繊維の毛並みを整える・汚れを落とす』ことが大事ですね!

 

まとめ:毛玉取りブラシ…もっと早くから使っておけばよかった!

浅草アートブラシ 毛玉取りブラシ・洋服ブラシ

今回初めて、洋服ブラシと毛玉取りブラシを使いましたが、「こんな良いなら何でもっと早く使わなかったんだろう?」って思いました!

コートやセーターなどの頻繁にクリーニング出来ないお洋服でも、ブラシできちんと手入れする事で、風合いを長持ちさせられます。

これまでは億劫だった毛玉取りも、浅草アートブラシの毛玉取りブラシに出会ってからは快適になりました!

お気に入りなら尚更長く着たいので、これからも毛玉取りとブラッシングは欠かさずしたいと思います。

▼白スニーカーの『オキシ漬け』をしてみました!

汚れた白スニーカーのオキシ漬け方法
【オキシ漬けのやり方と失敗談】汚れた白のニューバランスをオキシ漬けしてみた!こんにちは!あゆ(@_helloayukitty)です。 春夏コーデには欠かせない白スニーカー。とても可愛いのですが、汚れやすいと...